リクナビのサービス内容から見る掲載料の適性度

リクナビの掲載料はだいたい100万円ほどとなっており、そこにオプションを加えていくことで、より効果的な求人活動をしていくことができます。気になるのは、他のライバル会社との比較、そして、リクナビのサービス内容から見た時の掲載料の妥当性です。かなり安いけど、実は中身が伴っていない、高いのにそこまでではないといったこともあれば、安いし充実しているしということもあります。リクナビの掲載料がはたして妥当な価格設定となっているのか、他の会社ではどのような設定となっていて中身がどのようになっているのか、これらのことを知っておくことで、効果的な求人活動や採用に当たっての応募経路などを構築していき、より安定した人材供給を可能にさせていくことができます。

オプションをつけるとかなりの出費に

企業情報や応募要項などの基本的な情報の記載だけの場合、リクナビの掲載料は100万円ほどなっていますが、本登記に基本的なものしか乗らず、それでいて他の企業はお金を出してグレードアップさせているため、オプション込みの値段で考えた方が自然です。オプション込みの値段となると300万円以上ということになります。一見すれば高い出費にも思えますが、中小企業なども多く参加している理由として、それだけ多くの学生が登録していることが挙げられます。オプションの内容としても効果を見ながら設定していくということができるため、営業担当の人と連携しながら細かい部分を変えていくということもできます。こうしたサービスの質、強みなどは他の会社とさほど変わりませんが、学生の多さというのが武器といえます。

1つの会社に絞るというのも大事

ネット上に求人を出すだけではなく、合同説明会への参加、DMの送付、セミナーの開催でもお金はかかります。これがいくつもの会社に求人を出しているとなるとかなりの費用となってしまいます。そのため、1つの会社に絞って、その分、オプションをたくさんつける、いわゆる一点豪華主義の求人活動を行うのも大切です。リクナビの掲載料は多少高いものの、学生の多さや掲載していること自体に対する信頼感などから、費用以上の効果を発揮することが言われています。少ない費用で掲載できたとしても、それだけ会社は多く、学生の取り合いになります。ならば、少し高くても、掲載している企業が少ない分、学生の目にもつきやすくなるのです。いくつものところに登録するのではなく、1つに絞ることも大事です。